ブラックジャックトランプにはディーラーの特徴があります

これからカジノでブラックジャックトランプを楽しみたいと考えているのであれば、正確なルールを把握し、戦略や知識を身に付けなければなりません。

しかしブラックジャックトランプは、初心者の多くが勘違いしている点があります。

一般的にブラックジャックトランプのルールについて紹介しているサイトなどを確認してみると、21を超えない範囲で21、もしくは21に近づけることが目的と書いてあることでしょう。

もちろんこれは間違いでは無いのですが、最大の目的はディーラーに勝つことです。そのためにもまずは自分がバーストしないこと、そしてディーラーよりも21に近づけるか、ディーラーにバーストさせることを考えましょう。

これらは自分がブラックジャックトランプをマスターする上で非常に重要な要素といえます。しかし現時点でこれらの意味を完全に理解する必要はありません。

まずはとにかく21に近づけるゲームである認識を一度リセットしましょう。

自分自身の対戦相手はカジノのディーラーに当たります。同じテーブルに自分以外の何人ものプレイヤーがいたとしても、ディーラーと自分の1対1の勝負だと言うことを覚えておきましょう。ディーラーに強い、弱いという概念はそもそもありません。実はカジノのディーラーはプレイヤーとは異なりもう1枚カードを引く、カードは引かないと言うように、自分の意思でアクションを選択することができないのです。

その理由はディーラー特有のルールの中で決まった処理しかできないからです。

SNSでもご購読できます。